M字ハゲの消失
ホーム > 太陽光 > 夫と太陽光発電

夫と太陽光発電

太陽光発電嫌いだった夫が、ついに導入に踏み切ったのは約一年前。 新築物件で太陽光発電を乗せるのに最適な屋根角度の為、太陽光発電の営業がひっきりなしに訪れてきて断る私もうんざりの毎日でした。 ですが、あるたまたま夫が休みの日に来た営業と長々と話してるなーと思ったら、話がトントン拍子で進んでしまいました。  我が家は屋根が大きいため、乗せられる限りのパネルを乗せると個人が契約できる最大発電量に近い量が発電できるようになります。 パネルの数が大きいとなると、金額もそれなり。諸経費込みで400万弱。けして小さな買い物ではないため、私はどきどきでした。  実際導入してみて一番意外だったのは、快晴のカンカン照りの日は必ずしも発電量が高くないということ。 まだ長袖の時期でちょっと臼曇りくらいの天候の方が我が家の発電量はぐっと伸びます。 夫も導入したら毎日の発電量が気になるらしく、「おお今日はいい天気!発電量もさぞ・・・」といそいそと発電量をチェックできるモニターを確認に行く毎日です。

聖陽株式会社の口コミ・評判・体験談